足裏の汗の量を減らすか完全停止するのにお勧めな制汗剤

足裏の汗の量を減らすか完全停止するのにお勧めな制汗剤

多汗症の人が足の裏の汗をなるべくかかないようにするためには、夏でも素足でいないことが一番です。

 

 

足裏に汗を大量にかいている状態で素足でいると、臭いも強まるし、足裏との境目を防ぐものがなく細菌が侵入して、あせもや汗疱や水虫やイボを引き起こしやすくなるし、靴下やショート丈ストッキングやロング丈ストッキングを履いて足首部分を圧迫させたほうが、輪ゴムのような効果を発揮し、足裏の汗をかきにくい環境を築いてくれます。一番お勧めなのは5本指ソックスで、足指同士が触れてこすれないおかげで、先ほど述べた病状予防にもなるし、通気性が良くなるため、足裏の汗の量の軽減に繋がります。

 

足裏の汗の量を減らすか完全停止するのにお勧めなのは、パースピレックスローションという医師も推奨する、海外輸入のネット販売がお勧めな制汗剤です。その辺のドラッグストアでは売ってないです。数日間は風呂上がりの乾いた肌の足の裏に塗って、しっかりドライヤーで乾かし、朝に足裏を指の間まで洗うことを繰り返していくうちに、秋冬は足裏の汗が完全停止し、春夏は汗はかけど量はグッと減ることを実感でき、塗る間隔も3日程度間隔を空けることで良くなります。朝洗い流した後は、ドラッグストアで売っている足専用のスプレータイプの制汗剤を吹きかけ、パフを使用してベビーパウダーをポンポンすれば、この行動を行う前より、7割から8割がたの足の裏の汗の量を軽減できます。足の裏の汗の量が減るぶん、臭いも漂わなくなります。

 

 

足の裏の汗の臭いは足指の間から主に発生しているので、そこにアカがたまらないように毎日牛乳石鹸を使用して、素手で足指の間をきれいに洗い、きちんと水分をタオルで拭ったうえで靴下を履くように気をつければ、臭いのきつさの度合いが断然変わります。また、足の裏の汗は手汗と連動している確率が高いため、磁石のようにどちらかをかいて汗がもう片方に連動しないためにも、掌にも足の裏同様パースピレックスローションを塗ると良いです。