便秘でいい事は何もなく、様々な体調不良の原因に

便秘でいい事は何もなく、様々な体調不良の原因に

女の人や妊娠中は特に便秘しがちだといいます。

 

便秘でいい事は何もなく、肌も荒れますし腹痛や、イライラしたりの心に影響もあり様々な体調不良の原因になってきます。今まで便秘で悩んだ事のない人でも妊娠中に便秘になってしまう方は多いみたいです。子宮が腸を圧迫するのと、ホルモンバランスの変化が原因のようです。妊娠中の便秘は毒素が溜まった血液が赤ちゃんにも行ってしまい、もちろんよくありません。

 

それに腸内環境が産まれてくる赤ちゃんにも影響され、赤ちゃんも便秘になってしまうそうです。産まれてくる赤ちゃんの便秘予防の為にも便秘は治しておくべきですよね。

 

便秘改善には下剤を試す前に、食生活などから改善しましょう。

 

下剤はもちろん簡単で効果がありますが、まずは自然に排便できるようにするべきです。薬を飲まないと出ないのは本当の意味での便秘改善ではないと思います。基本的な事からですが、まず水分を沢山とりましょう。朝起きてすぐに1杯の水を飲むのはとても効果的です。

 

1日1Lの目安はよく耳にするかと思いますが、妊娠中だと1日2Lくらいです。なかなか多く感じるでしょうが、今の暑い時期なら意識して飲めばさほど辛くない量ですよ。同時に熱中症予防もできますよ。冬場なら温かい飲み物にしてなるべくたくさん飲みましょう。温かい飲み物を摂るのは体も温められて、新陳代謝もあがり美容にもいい事だらけです。

 

便秘に効く食べ物とは

 

食物繊維やヨーグルトは有名で試している方も多いでしょう

 

。食物繊維では納豆は腸内環境を整える効果が期待できるようです。海藻も食物繊維の多い食べ物です。個人的におすすめなのがオリーブオイルや料理にかけて食べるタイプの油です。もっちり柔らかい便が出やすくなりますよ。あとは青汁を牛乳や豆乳で割ったものを、朝1杯飲んでいます。

 

野菜不足も補えて牛乳からカルシウムも摂取でき、排便も促してくれて良い要素が詰まっています。毎日同じ物を食べたり飲んだりするのはとてもしんどいです。便秘に効果があると言われる食品はたくさんあるので、毎日のメニューを変えて取り入れていきましょう。

 

食べ物だけで便秘改善は難しい。

 

便秘に効く食材を大量に摂取していたとしても、それだけで便秘解消は難しいかもしれません。

 

運動不足も原因の1つです。腹筋やストレッチを数回でいいので日課に取り入れましょう。
便を溜めていていい事は何もないですし、放っておくと思わぬ病気になってしまうかもしれません。あまり気にしすぎるのも良くないですが、改善を目指しましょう。

 

カイテキオリゴ